豆乳で健康とダイエット

豆乳について

現在スーパーやコンビニで普通に売られている豆乳ですが、商品化されたのは1970年代からです。
江戸時代中頃から豆腐が一般庶民の食卓に並ぶようになったことを考えると、意外に新しい食品だったのです。
これは、その頃に近代的な脱臭法が確立されたためで、それ以前は大豆の匂いがして飲みにくかったのです。
現在はプレーンなものからフルーツ味やコーヒー味など、様々な種類の豆乳が揃っています。

成人が一日に摂るたんぱく質の量は、動物性と植物性をそれぞれ40グラムずつが理想です。
豆乳のたんぱく質はとても良質で、8種類の必須アミノ酸全てをバランスよく含んでいます。

豆乳はビタミンも豊富です。
脳機能を維持するビタミンB群は、イライラ解消や集中力アップに役立ちます。
ビタミンEは呼吸器や内臓を強化したり、美肌作りや肩こりにも効果があります。
豆乳の植物性脂肪はリノール酸やリノレン酸と呼ばれる不飽和脂肪酸で、コレステロールを含んでいません。

豆乳はミネラルも豊富です。
カリウムは日本人が摂り過ぎになりがちなナトリウムを排出させ、血圧を安定させたり内臓を元気にします。
マグネシウムは心臓や血管、神経、ホルモン分泌臓器などの働きを調整するほか、脳が有害物質を取り込みにくくするので、アルツハイマーの予防なども期待できます。

その他、イソフラボン、レシチン、サポニン、オリゴ糖やフィチン酸など、最近話題の栄養素がたっぷり含まれています。
豆乳は身体にも脳にも良い食品ですので、多くの人に飲んでもらいたいものです。

豆乳で健康とダイエット

豆乳クッキー

豆乳クッキーで行うダイエットが定番化していますが、その効果は?評判は?体験談やリバウンドについて。

豆乳鍋

鍋料理のだしに豆乳を使ってみましょう。素材いろいろでレシピもいろいろ作れます。地域ごとの特色も生かしたいですね。

豆乳ローション

豆乳ローションはムダ毛を生えにくく薄くしていく効果があります。豆乳ローションの作り方や買えるお店など。

パイン豆乳ダイエット

もともとダイエット効果もある豆乳にパインジュースを加えると、ダイエット効果が倍増されます。これはダイズペプチドが基礎代謝を活発にするからです。

おからクッキーダイエット

おからクッキーは低カロリーなのに満腹感があるので無理なくダイエットができます。自作すれば予算も低く抑えられます。

黒豆豆乳

黒豆と豆乳は、どちらもホルモンバランスの調整に効果のある食品です。健康的なダイエットに役立てましょう。

イソフラボン

豆乳は肌の美白や保湿性向上の効果があるイソフラボンを含んでいます。イソフラボンを含んだ化粧品や石鹸も販売されています。

豆乳プリン

豆乳を使ってなめらかなプリンを作ってみましょう。美味しい豆乳プリンを販売しているお店もあります。

豆乳スープ

具沢山のスープを豆乳を使って作ってみましょう。健康的な食材を使ったり、低カロリーでダイエットに役立てたり、季節に応じたスープ作りをしてみましょう。

森光子さんの豆乳ジュース

森光子さんの元気の秘密は毎日飲む自作の豆乳ジュースにありました。森光子さんの豆乳ジュースのレシピと健康の秘訣。

豆乳メーカー

豆乳メーカーを使って家庭で豆乳を作りましょう。出来立ての温かい豆乳のおいしさを味わってください。

豆乳青汁

あの君島十和子さんが愛飲している青汁豆乳って何でしょう?飲みやすい青汁豆乳のレシピと作り方。

相互リンク募集
リンク集
リンク集2
リンク集3
リンク集4
リンク集5
リンク集 マネー関連

<リンク>
豆乳ローション 脱毛
脂肪燃焼

Copyright (C) 2007 豆乳で健康とダイエット. All Rights Reserved.